MESSAGE

ph3.jpg

スパークス・グリーン
エナジー&テクノロジー
株式会社

代表取締役社長
大内 弘志

 当社は2012年の会社設立以来、投資家の皆様からお預かりしたファンドの資金を活用して、日本全国で太陽光、風力、バイオマス等の再生可能エネルギー発電所を開発し、管理・運営を行ってまいりました。
 地域の皆様や投資家の皆様、プロジェクト関係者の皆様からの多大なるご支援をいただき、また近年の世界的な再生可能エネルギー需要拡大の流れも受けて当社の事業規模は順調に拡大し、おかげさまで当社は国内有数の再生可能エネルギー発電所運営事業者に成長致しました。
 しかしながら、温暖化ガス排出量を削減し、脱炭素社会を実現するためには、当社の運営する発電所の規模はまだ十分ではなく、今後もさらに再生可能エネルギーの導入量を拡大し、同時に水素や蓄電池などをうまく活用して化石燃料の使用量を削減していく必要があります。
 国土面積が限られ、送電線容量にも制約のあるわが国でさらに再生可能エネルギーを増やしていくには多くの困難があり、また水素などの活用にも乗り越えなければならないハードルがたくさんありますが、持続可能なより良い社会の実現のために当社に何ができるのかを真剣に考え、その実現に向けて全力で取り組んでまいる所存ですので、今後とも皆様のご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

Page Top