PHILOSOPHY

未来のためにできること

現代の社会はエネルギーの安定供給によって支えられています。日々の暮らしや仕事がエネルギーなしでは立ち行かないことを、私たちは災害の経験を通じて痛感しました。昨今、エネルギーの供給は安定を取り戻したように見えますが、輸入される化石燃料に大部分のエネルギー源を依存しています。将来にわたって、安全と環境を守りながら、エネルギーを安定して安価に確保していくためには、再生可能エネルギーの利用を増やしていくことが大切です。私たちは率先して地域の可能性を発見し、再生可能エネルギー発電所を建設・運営していきます。

私たちがつくる再生可能エネルギー発電所は、15年から20年以上にわたって地域でエネルギーを作り続けていきます。その間には、今の小学生や中学生が大人になり、社会を担っていくことになります。発電所が設置される地域の子供たちのためにも、私たちの作る発電所がその地域社会と調和し、シンボルとなって、単なる設備という以上の価値をそれぞれの地域に生み出し、それを全国で実現していくことによって、その価値をさらに高めていくことを目指しています。それぞれの地域でどのように共生していくかを考え、日本にそして世界に、グリーンエネルギーと笑顔のネットワークを構築して参りたいと思います。

今後とも、多数の関係者の皆様のご協力をいただきながら、地域の皆様に愛される地域調和型の発電所を作り、再生可能エネルギー電力の供給を通じて、社会に貢献して参りたいと考えております。

「未来エネルギーで、世界を笑顔にする。」それが私たちの願いです。

Page Top